耳鼻咽喉科の医師の仕事内容は?

耳鼻咽喉科求人TOP >> FAQ >> 耳鼻咽喉科の医師の仕事内容は?

耳鼻咽喉科の医師の仕事内容は?

耳鼻咽喉科へと転職を実現したいと思っているドクターからの質問の中で、仕事内容はどういったものがあるのかといった質問は良く聞かれるものです。基本的に耳鼻咽喉科というのは、その名の通り、首から上の疾患の専門家といっても過言ではないのです。非常に多くの疾患が存在しており、それらに関して適切な診察を行い、良質な治療を行なっていく必要があるのです。耳鼻咽喉科へ訪れる患者さんのニーズは、首から上の疾患に対してのプロフェッショナル、専門家といったものですから、専門的な仕事を担っていく必要があります。

診断から治療までをそれぞれの疾患に悩む患者さんと向き合い、最後まで面倒を見ること。これこそが耳鼻咽喉科の医師の仕事内容になります。外科などの診療科の場合には、各部位ごとに診療科が設けられ、医療の細分化や分業化が進んでいる傾向が高いですが、耳鼻咽喉科の守備範囲は何気に広く、様々な知識とスキルを必要とされるのが現状です。

守備範囲が広いわけですから、覚えることは当然にあり、大変ではあるものの、その分、専門家として高い評価を受けることが出来たり、充実感というものを感じることも出来るわけです。更に対象となっている患者さんは、まだ就学前の小さなお子さんから定年をはるかに過ぎたお年寄りまでを相手にすることになります。こういった特徴がありますから、それぞれの年代の患者さんに対しての的確なコミュニケーションが重要になってきます。

性別も問わず、年齢にもまとまりがないといった場合には、何気に診断方法や治療方法といったものが分かれることになり、医師の腕が試されます。例えば、乳腺外科や婦人科のような場合では、特定の年代の女性といったものが患者さんになるため、QOLを考えた診療方針も比較的に簡単に考えることが出来ます。耳鼻咽喉科の場合、性別も年代もバラバラですから、それぞれの患者さんの立場に見合った診療方針を示し、実践していく必要があるのです。

よちよち歩きもままならず、将来が開けている小さな子供のQOLと、結婚を間近に控える女性患者のQOL。更に定年を越え、余生を楽しんでいるお年寄りのQOLというのはそれぞれに違っていて当然なわけです。こういったことを考えて、それぞれの患者さんのニーズに併せて診察や治療を行なっていくことが、耳鼻咽喉科の医師の仕事といえるでしょう。他の診療科に比べて、取るべき選択肢が多いということから、何気に難しい診療科であるといえるでしょう。

耳鼻咽喉科の医師求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料 オススメ度 詳細
リクルートドクターズキャリア 無料 ★★★★★ 詳細




Copyright (C) 2014-2016 耳鼻咽喉科の医師募集ナビ All Rights Reserved.